こんにちわ。

 


さて、今日は、お年寄りでもできる

もやしの栽培方法についてお話します。

もやしの栽培方法

スポンサード リンク




 

将来、もやしを主食の一部にとりいれれば、

お年寄りの仕事もできて食糧難の手助けになるかな~

なんて思っています。





もやしの栄養価をあなどってはいけません



もやしは大豆からできています。

下記の図をご覧ください。

 

もやしの栄養価
 


(もやし普及委員会HPより抜粋)


なんだかよくわかりませんが

すごそうですよね~


 


「米が売れなくなる~」って

お米屋さんに怒られるかもしれませんが

長期的な話なんで、

米だけで食っていけなくなったらもやしなぞを

つくって工夫してください。

日本の将来のためなので。。。。


 



もやしの作り方とその展開


 

(1)豆・タネを瓶にいれる。

入れる豆は容器の1/5程度。タネの場合、

大さじ一杯が目安で。

 

(2)数センチ程の水をいれて一晩寝かせる。

水につけすぎると腐食の元です。

瓶には水が通る布で覆います。

誇りよけと、あとで、水をすてるからです。

 


(3)瓶をふたで覆ったまま水を捨てます。

そして、新しい水で豆、又は種を数回洗います。

このときふたをしたまま

瓶をクルクル回すようにして洗います。


 

(4)水をきって日が当たらない暗めなところにおきます。

 


(5)で、(3)、(4)を1日に2回繰り返し、

5センチくらい(主食っぽくなる程度がいいかな~)

そだったらできあがりです。

約1週間でできあがり!!!


 

(6)あとは小泉新次郎さんあたりに

「もやしを主食に!!!」

と国民を洗脳…じゃなかった、

リードしてもらったり、

とか「もやしダイエット商品」を

つくったりして、もやしを広めましょう!


 



これなら、歩けて軽いものが

運べるお年寄りにもできますよね。


たーーーくさん作って、自給自足。

余ったら八百屋さんか市場で売る。






 

 
 
 

政治家さん(農協)が買い取ってくれる

仕組みも作ってくれるといいな~。

 


これを目にした政治家さん、ご検討をお願いします。






問題点


簡単に量産で生きる上が故に

大企業が量産して安価なものが

流通されることが懸念されます。


 



こういうときこそ、政治家さんお願いします。

 


蓮舫さんに線引きはどうするんですか?

とかいわれちゃってもなんとかしてください。

もっとも、蓮舫さん、野党じゃないかもしれませんが。。。



 
 
 
 











この記事を読まれた方はこちらの記事も読まれています。

    None Found

スポンサードリンク